プログラム

プログラム

バーベルヒップスラストをトレーニングメニューに取り入れる

The Journal of Sports Science and Medicine (JSSM) というウェブサイトからこのような記事を発見しました。 バーベルヒップスラスト、筋肉の活性化とパフォーマンスについて;統計的レビュー ...
プログラム

インターバルトレーニングと継続的なトレーニング

継続的なトレーニングとは、選手が安定した有酸素運動を行うことで、インターバルトレーニングは、各反復後に回復(リカバリー)期を伴う作業の反復を特徴とします。 継続的なトレーニング これは、エネルギー経路にわずかに異なる影響を及ぼす...
コンディショニング

脚のコンディショニング

このページでは、脚を成長させるための一般的および特異的エクササイズについて説明します。実際に成果を得るには、少なくとも16週間の継続的な運動が必要です。トレーニングプログラムを開始する前に、安全を確認するために健康診断を受けることをお勧...
コーチング

ランニングエコノミー

多くのスポーツでは、スピードが重要な特性であり、スピードを向上させる方法が常に求められています。スピードを上げるには、ストライド長(歩幅)やストライク率を増やす必要があります。多くの選手やコーチは、最初はストライド長を伸ばすことに集中します...
スピード

反応時間(リアクションタイム)

反応時間は、刺激を受けてからその刺激に対する筋肉の反応が始まるまでの時間です。反応に影響を与える主な要因は、それぞれが提示される応答を必要とする可能性のある刺激の数です。 起こりうる反応が一つしかない場合(単純反応時間)、反応するのに短い...
プログラム

アジリティ(敏捷性)

アジリティとは、効率的かつ効果的に体の方向を変える能力のことであり、そのためには以下の組み合わせが必要です。 バランス 静止しているときや動いているとき(つまり転ばないように)に、感覚機能(目、耳、関節の固有受容器)の協調的な働きによって平...
プログラム

RAST

テストと測定は、その後のパフォーマンス評価と決定を行うための情報を収集する手段です。分析では、結果に影響を与える可能性のある要因を念頭に置く必要があります。 目的 DraperとWhyte(1997) はランナーの無酸素性能力をテスト...
コンディショニング

体幹の安定性(コアスタビリティ)

コアスタビリティートレーニングは、体幹の筋肉を効果的に動員し、動的な動作中に腰椎の位置をコントロールすることを学ぶことを目的とします。 筋肉 深部体幹筋、腹横筋、多裂筋、内腹斜筋、傍脊柱筋群、骨盤底筋群は、腰椎の能動的支持の鍵です。これらの...
コーチング

3秒で時速36kmへ

Brian Mackenzieがスピード向上の概要を提供しています。 スピードとは、ランナーの脚であれ砲丸投選手の腕であれ、手足の動きの速さです。スピードはすべてのスポーツに不可欠な要素であり、次のいずれか、またはその組み...
コーチング

レジスタンストレーニング

Nick Grantham は、若いアスリートのための筋力トレーニングの利点を調査しています。 「レジスタンストレーニング」と「子供たち」を同じ文章で言うと、ほとんどの人が変な顔をします。議論の余地があると言うのは控えめな...
タイトルとURLをコピーしました