アクアランニング

Brad Walker は、水中ランニングのテクニックを明らかにしました。

アクアランニングは、水深の深い所でのランニングで、怪我をしている間もトレーニングを継続する方法、またはトレーニングプログラムに取って代わる有益なエクササイズです[1-5]。

アクアランニングは、基本的なテクニックと高度なテクニックに分けられます。 基本的なテクニックは、高度なテクニックを試す前に習得する必要があります。

基本的なテクニック

基本的なテクニックは、ジョギング(回復走)に似ています。 方法は、前に脚を伸ばし、しっかりと均等に水をかくことです。 (水の抵抗が増大するため)同時に、後脚を積極的に前方に出す必要があります。 前足は、体の重心の前に着地する必要があります。 膝を低く保ち、蹴り出す際、後足を積極的に背屈させます。 腕のアクションは、陸上ランニングと同じようにすべきです。

高度なテクニック

1.最大スピード

目的は、足をできるだけ速くすることです。 歩幅は、アスリートができる限り短く保ちます。 着地が重心の少し後ろにある状態で、脚を上下に動かします。 腕のアクションは、陸上ランニングと同じようにすべきです。

2.踵上げ

これの目的は、下肢を曲げながら、可能な限り上肢を維持することです。 これは、ハムストリングカールに似ていますが、直立しています。 アスリートは完全に屈曲することは難しく、このテクニックを適切に実行するには高い集中力が必要です。 正しく行われた場合、アスリートは水中でわずかに後退する傾向がありますが、これは普通です(このストライドのみ)。 手を使って後傾を防ぎ、体を安定させます。

3.ハイニー

このテクニックでは、アスリートはリード脚をできるだけ高く上げる必要があります。地面についてある足をわずかに曲げ、重心は後ろに置きます。また腕は非常に活発に動かす必要があります。

4.ミドルストライド

これは最も習得が難しいパターンであり、最も厳しいトレーニングで使用されます。 リード脚は重心のわずか前方に着地する400m / 800mランナーのランニングスタイルを模倣する必要があります。 後脚は、前進するための必要な力を減らすために、ストライドの後ろで強く曲げなければなりません。 腕は活発的に使用する必要があります。

救命胴衣、救命具

救命胴衣、救命具の大きな利点は、選手が自分自身を浮かせ続けようとすることなく、適切なランニングテクニックを学ぶことができることです。

アクアジョガーは便利で着やすいですが、浮力係数が一定であるため、大きくて重いアスリートにはあまり役立ちません。

また、アクアジョガーのような救命胴衣はしっかりと着用する必要があり、これにより一部のアスリートの呼吸が制限される場合があります。

 

以下の写真は、ライフジャケットに非常によく似た浮選ベストの1つを示していますが、動き回る自由度が大幅に向上しています。

Aqua floatation vest

テクニックの観察

水の抵抗が増加すると、アスリートが持つランニングテクニックで可能性がある機械的および機能的な弱点が強調されます。 これは、股関節外転/内転、股関節屈曲/伸展、および体幹の動き(腹部/腰部)、ハムストリング/大腿四頭筋の力の不均衡について特に当てはまります。 最先端の水中ランニングの専門医では、ふくらはぎ/足首までも分析して修正できます。

コーチは、次の運動パターンを監視し、修正動作をアスリートにフィードバックする必要があります。

  1. 足の配置
  2. 臀部の位置(3つすべての面)
  3. 臀部/上脚の角度(可動域の両端)
  4. 足首の角度(可動域の両端)
  5. 膝の角度(可動域の両端)
  6. 正中線の変位
  7. 腕の位置

これらはすべて、陸上で使用される運動パターンに可能な限り忠実に再現する必要があります。 水中でのアスリートの歩幅とピッチは、陸上でのランニングと比較すると非常に異なることを覚えておいてください。

アクアランニングの目的は、水平方向に対する動きの範囲全体のパワーをスムーズに利用することです。

力を不適切に使用すると、適切な手法を使用しても、次の2つの影響が生じる可能性があります。

ボビング – 力の適用が主に垂直である場合、および/または駆動脚のみで発生する場合
後方への移動 – 推力の方向が水平であるが、回復段階でのみ力が加えられる場合に発生します

トレーニングセッション

研究[1-5]は、アクアランニングセッションはすべてのアスリートに有益であることが示されています。 私たちが持っている違いは、アクアランニングはほぼその場で走っているので、距離を測定できないことです。 簡単なアプローチは、陸上での距離を走りきるためにアスリートが踏むことになる歩数を測り、アクアランニングセッションで歩数カウントを使用することです。

例:アスリートが100メートル走るのに60歩かかる場合、水中での100メートル間隔のセッションで60歩を完了する時間を記録します。

参照記事

このページに表示される情報は、アクアビクスと水生療法のトピックに関してBrad Walkerによって書かれた記事から採用されています。

著者について

Brad Walkerはオーストラリアの著名なスポーツトレーナーで、健康とフィットネス業界で15年以上の経験があります。

Bradは、ニューイングランド大学の健康科学の卒業生であり、陸上競技、水泳、トライアスロンのコーチングの大学院認定を受けています。

また、エリートレベルおよび世界チャンピオンのアスリートと協力し、スポーツ医学オーストラリアの怪我予防に関する講義を行っています。 Bradは彼のウェブサイトinjuryfix.comで連絡できます。

参照文献

1. GEHRING, M. and KELLER, B.A. and BRENHAM, B.A. (1997) Water running with and without a flotation vest in competitive and recreational runners. Medicine & Science in Sports & Exercise, 29 (10), p. 1374-1378
2. CASSADEY, S. L. and NIELSEN, D.H. (1992) Britain respiratory responses of healthy subjects to callisthenics performed on land versus water. Physical Therapy, 72, p. 532-538.
3. GLASS, B. and WILSON, D. and BLESING, D. and & MIILER, E. (1995) A physiological comparison of suspended deep water running to hard surface running. Journal of Strength and Conditioning Research, 9, p. 17-21.
4. GASPARD, G. et al. (1995) Effects of a seven-week aqua step training program on aerobic capacity and body composition of college-aged women. Medicine and Science in Sports and Exercise, 27.
5. HAMER, T. and MORTON, A. (1990) Water running: Training effects and specificity of aerobic, anaerobic and muscular parameters following an eight-week interval training program. Australian Journal of Scientific Medicine in Sport, 22, p. 13-22.

参照ページ

WALKER, B. (2005) Aqua Running [WWW] Available from: https://www.brianmac.co.uk/aquarun.htm [Accessed 5/2/2020]
タイトルとURLをコピーしました