ランニングトークテスト

ランニングトークテストは、ランニングの運動強度測定として使用されます。Dr. Matt Longにより調査されました。

結論

次のことを試して、運動に関連するどのエネルギーシステムを使用しているかを確認することができます。

話す能力は、アスリートとしてのトレーニング活動の強度を自己調整する素晴らしい方法です。 従来トークテストは、持久力アスリートのみに使用されていましたが、中距離アスリートとスプリンターの両方にも使用されています。

アスリートは、1つ、2つ、または3つすべてのエネルギーシステム、つまりATP-CP系、乳酸系、有酸素系を使用します。 ATP-CP系は、短距離のスプリントで優位になり、長めのスプリントと中距離のランニングのための乳酸系システム、持久力アスリートのための有酸素系です。

トークテストと耐久走

New Hampshireの大学のRobert Kertzer Exercise Physiology Laboratoryで2011年に実施された研究[3]では、トークテストの主観的な測定により、持久力ランナーが乳酸閾値に近づいていると、つまりこの強度が維持されると、活動の持続時間は制限されます。 アスリートが血中乳酸レベルの急激な上昇を示すと、血中乳酸の蓄積(OBLA)が発生します。 発生した時点で、血液への乳酸の添加と血液からの除去とのバランスが乱れます。 持久力の実行中に有酸素性エネルギーシステムを主に利用する場合、最大乳酸定常状態(MaxLassまたはMLSS)の運動レベルであり、それを超えると、乳酸系エネルギーシステムを主な利用に切り替わり、2〜3分以上効果的に維持できなくなります。

乳酸系システムの使用を遅らせるだけでなく、持久力アスリートが有酸素性エネルギーシステムのみを使用したい場合のトレーニングセッションもあります。 Hanc(2004)[2]によると、ランニングトークテストは、最適とされる有酸素ゾーン内(最大心拍数の65〜80%)を維持するために使用される信頼できる強度測定です。

誰かと余裕を持って会話できる場合、有酸素性エネルギーシステムが支配的です。会話にエネルギーが使用されていると同時に、動くために必要なエネルギーを生成するのに十分な酸素がある強度で動作しているためです。 しかし、強度が増加すると、筋肉の酸素需要が増加するため、会話の過程で使用できる酸素がますます少なくなります。

参考文献

LONG, M (2012) It’s good to talk. Athletics Weekly, November 15th 2012, p. 39
HANC, J. (2004) Symmetries and conservation laws: Consequences of Noether’s theorem. Am. J. Phys. 72, p. 428
QUINNA, J. and COONSA, B.A. (2011) The Talk Test and its relationship with the ventilatory and lactate thresholds. Journal of Sports Sciences, Volume 29, Issue 11, p. 1175-1182

参考ページ

LONG, M. (2014) Running Talk Test [WWW] Available from: https://www.brianmac.co.uk/articles/article160.htm [Accessed 22/1/2020]

参考記事

The information on this page is adapted from Long (2012)[1] with the kind permission of the authors and Athletics Weekly.
タイトルとURLをコピーしました